ラー・カイラム級機動戦艦 ラー・カイラム

GジェネF・GジェネF.I.Fの参戦戦艦「ラー・カイラム」に関する情報を掲載しています。

スポンサーリンク

概要

プロフィールモード

ラー・カイラム級機動戦艦 ラー・カイラム

連邦軍の宇宙戦艦。
一年戦争以来の様々な教訓を盛り込み、最初からMS母艦となるべく開発された戦艦である。
そのため戦闘艦としての充実した火力と、MS母艦としての運用能力を併せ持った優秀な戦艦となった。
巡航ブリッジの他に戦闘ブリッジを備えており戦闘ブリッジは脱出ポッドとしても機能する。
同級一番艦「ラー・カイラム」はロンド・ベル隊の旗艦となり、第2次ネオ・ジオン抗争で活躍した。
同型艦も多数建造され、ザンスカール戦争時代まで実に60年間以上に渡って現役で使用されている。
主な艦長はブライト・ノア

登場作品
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

引用プロフィールモード

アドミラル・ティアンム

連邦軍のラー・カイラム級戦艦。
第13実験戦団の旗艦として新型MSのテストにあたっていた。
だがテスト中火星独立ジオン軍による「F90試作2号機強奪事件」が発生し、本艦は第13独立機動艦隊の旗艦としてその討伐作戦に投入されることになった。
しかし火星上空でジオン側のスパイの破壊工作を受けて損傷し、「オリンポス・キャノン」の直撃を受けて轟沈している。
主な搭乗者はノヴォトニー

登場作品
機動戦士ガンダムF90

引用プロフィールモード

エイジャックス

連邦軍のラー・カイラム級戦艦。
ネオ・ジオン残党狩りを任務とする「306部隊」の旗艦である。
特命を帯びて「ゼブラ・ゾーン」に派遣されたが、ネオ・ガンダムの「Gバード」による攻撃を受けて轟沈した。
主な搭乗者はバズ・ガレムソンドーフマン

登場作品
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91

引用プロフィールモード

ジャンヌダルク

連邦軍ラー・カイラム級戦艦
連邦軍宇宙艦隊の旗艦である。
多少の改修は行われているものの、原型艦の進宙から60年以上が経過しているため、ザンスカール戦争当時にあっては明らかに旧式化している。
しかし未だにラー・カイラム級はクラップ級と共に連邦艦隊の主力艦であるのが現状であり、艦隊旗艦ですら例外ではなかった。
ムバラク・スターンの指揮の下、エンジェル・ハイロゥ攻防戦に参戦。連邦とリガ・ミリティアの連合艦隊の旗艦となった。
最終局面において敵艦隊旗艦ダルマシアンに特攻をかけ、共に撃沈している。
主な搭乗者はムバラク・スターンハンゲルグ・エヴィン

登場作品
機動戦士Vガンダム

引用プロフィールモード

基礎データ

COST黒歴史コード出典
ラー・カイラム45,700テクニカルレベル7
07-0346491
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
アドミラル・ティアンム0機動戦士ガンダムF90
エイジャックス45,700テクニカルレベル7
07-0014149
機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91
ジャンヌダルク50,300テクニカルレベル7
07-4756796
機動戦士Vガンダム

性能

HPEN攻撃防御移動宇宙空中陸上水上水中アビリティ
ラー・カイラム32,000280442710BBダミー機能搭載
ミノフスキー粒子散布可能
飛行可能
大気圏突入可能
アドミラル・ティアンム
エイジャックス
ジャンヌダルクダミー機能搭載
ビームシールド防御可能
ミノフスキー粒子散布可能
飛行可能
大気圏突入可能
大気圏離脱可能
積載数通信操舵整備ゲスト
ラー・カイラム6×2
アドミラル・ティアンム
エイジャックス
ジャンヌダルク

武装(共通)

武装名種別射程威力命中ENMP
1対空レーザー砲射撃1〜11,8008510
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕×宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド×陸上
ビームシールド×水上
プラネイト・D水中
2連装ミサイルランチャー射撃(6発)3〜41,5004522
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕×宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド×陸上
ビームシールド×水上
プラネイト・D水中
3大型メガ粒子砲×2射撃(BEAM2)5〜63,5006050
ミノフスキー粒子使用適正有効適正MAP間攻撃
ビーム撹乱幕宇宙
ビームコーティング×空中
I・フィールド陸上
ビームシールド水上
プラネイト・D水中
種別威力射程命中ENMP
援護射撃射撃(援護射撃)4,000– ~ –408
スポンサーリンク

登場ステージ

スポンサーリンク

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました