ハマーン・カーン

1.原作キャラクター

 GジェネF、GジェネF.I.Fでの、機動戦士Zガンダム等の宇宙世紀を舞台にした作品の登場人物「ハマーン・カーン」のステータス・黒歴史コードとプロフィールモードの解説などを掲載。

スポンサーリンク

プロフィールモード

ハマーン・カーン(Z)

アクシズの実質的な指導者。
ジオン公国公王の側近、マハラジャ・カーンの娘。幼い頃にフラナガン機関で能力開発を受けており、ニュータイプ的な資質を備える。
一年戦争後アクシズへ落ち延び、父の死後はその後を継いで16歳にして摂政に就任。天才的な指導力と政治力を発揮して、アクシズの権力を掌握した。
しかし彼女の後見人であったシャア・アズナブルは地球圏に去ってしまい、以来彼女は他人との交流を頑なに拒むようになる。
その後は地球圏の混乱を伺いつつ帰還の準備を進め、ついにグリプス戦争の最中、アクシズと共に地球圏に帰還した。
以後エゥーゴとティターンズとの対立を利用して立ち回り、戦力を消耗することなくグリプス戦争を切り抜けている。
搭乗MSはキュベレイ

登場作品
機動戦士Zガンダム

CV:榊原 良子

引用プロフィールモード

ハマーン・カーン(ZZ)

ネオ・ジオンの実質的な指導者。
第1次ネオ・ジオン抗争の際には軍事的・政治的な指導者としての活動が主で、自ら前線に出ることは少なかった。
グリプス戦争終結後、各コロニーの制圧、連邦議会のあるダカールの占拠、ダブリンへのコロニー落としなど次々と作戦を成功させ、ついに連邦政府にサイド3の譲渡を了諾させている。
ここに彼女が掲げてきた「ジオンの再興」は成ったのである。
しかしその直後、ザビ家の血族を称するグレミー・トトが反乱し、ネオ・ジオンを2つに割っての内戦が発生した。
内戦はグレミー軍の敗北に終わったものの、ハマーン側も戦力のほとんどを失う結果となっている。
ネオ・ジオンの滅亡を悟ったハマーンは自らキュベレイを駆って出撃、ジュドー・アーシタの乗るZZガンダムと決闘の末、撃破されて戦死した。

登場作品
機動戦士ガンダムZZ

CV:榊原 良子

引用プロフィールモード
スポンサーリンク

キャラクターデータ

ハマーン・カーンZZZ
レンタルCOST9,3509,350
黒歴史コード01-018268701-9333362
作品ZガンダムガンダムZZ

ステータス

ハマーン・カーンZZZ
階級摂政D摂政D
TYPEニュータイプニュータイプ
EX580580
性格冷静冷静
平常MP/最大MP255/510255/510
総合値(射+格+回)
(NTL補正)
80
(152)
80
(152)
射撃値
(NTL補正)
25
(49)
25
(49)
格闘値
(NTL補正)
25
(49)
25
(49)
回避値
(NTL補正)
30
(54)
30
(54)
NTL88
指揮値1414
魅力値1414
通信能力88
操舵能力88
整備能力66

関連する機体

搭乗機

ユニット名黒歴史コードCOST
キュベレイ07-005768622,900
ガザCMS形態:02-9700273
MA形態:02-4311666
10,000
エルメス05-413797621,700
リック・ドム02-256559310,100
アッガイ01-90347915,900

関連する戦艦

ユニット名黒歴史コードCOST
サダラーン07-820514850,200
グワンバン08-517447948,700
グワダン08-518167249,200
スポンサーリンク

外部リンク

タイトルとURLをコピーしました